天の川から花火。

【天の川から花火。】

本日7月7日は、七夕。

それに加えて真駒内の花火大会がありました。

今年はたまたま、七夕と日程が合ったようです。

七夕の物語は皆さんご存知でしょうか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

天の神様には、一人の娘がいました。

名前は織姫。

織姫は機(はた)を織って、神様たちの着物を作る仕事をしていました。

織姫がやがて年頃になり、天の神様は娘に、御婿さんをむかえてやろうと思いました。

色々探して見つけたのが、天の川の岸で天の牛を飼っている、彦星という若者です。

彦星は、とても立派な若者で、

織姫も、とても美しい娘です。

二人は相手を一目見ただけで、好きになりました。

二人は結婚し、楽しい生活を送るようになりました。

でも、仲が良過ぎ、二人は仕事を忘れて、遊んでばかりいるようになったのです。

「織姫が機織りをしないので、皆の着物が古くてボロボロです。早く新しい着物を作って下さい」

「彦星が世話をしないので、牛たちが病気になってしまいます」

天の神のもとへ皆んなからそんな声が聞こえてきました。

神様は、すっかり怒ってしまい

「二人は天の川の、東と西に別れて暮らすがよい」と言って、

織姫と彦星を、離ればなれににしたのです。

でも天の神様は、織姫があまりにも悲しそうにしているのを見て、こう言いました。

「一年に一度だけ、七月七日の夜だけ、彦星と会ってもよろしい」

それから、一年に一度会える日だけを楽しみにして、織姫は毎日、一生懸命に機を織りました。

天の川の向こうの彦星も、天の牛を飼う仕事に精を出しました。

そして、待ちに待った七月七日の夜、織姫は天の川を渡って、彦星の所へ会いに行きます。

参考: wikipedia

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

七夕の夜、

織姫と彦星は

天の川から見ていたのでしょうか。


今日の札幌は少し肌寒かったですが

浴衣のカップルも多く

お二人の並んだ下駄の音が耳に心地良い夜でした。


下駄から覗くフットネイルは

是非、

浴衣に合わせたデザインにしてみませんか?



LINE…tsumenuriya

MAIL…tsumenuriya@gmail.com



自爪を削らない札幌のネイルサロン爪塗屋

ノンサンディングベースジェルorピールオフジェル ◎爪塗屋は、カウンセリングを大切にしています。 ・爪の状態に合わせた施術、爪の長さのご提案 ・好みや、生活スタイルに合わせたデザイン ・肌の状態から似合うカラーを見つける ”ネイル”という心のサプリメントで 心を癒す・健康な爪を育てる お客様に優しいネイルサロンです

0コメント

  • 1000 / 1000