鹿の子絞り。

【鹿の子絞り(かのこしぼり)】

しぼり染めの手法として有名な

鹿の子絞り。

小鹿の斑点模様に似ていることからこの名が付いたそうです。


直径数ミリの粒の真ん中を

指先でつまんで糸を括る。


数回糸を巻いて

最後に粒の頭を押さえて

硬く締める。


それをひたすら続けていく…



一粒括るのにもコツがいりますし、

一粒目が上手く出来ても

二粒目が括れた時には、一粒目が解けてしまったり。


そんな作業を

総絞りの着物一反だと

なんと約15万粒も括ります。

振袖なら

更に2万粒。

全作業時間は1年以上かかるそうです。




伝統工芸士さんの手仕事は

まさに手に職。


鹿の子柄をネイルに筆で描くのが

おこがましいと感じてしまうほどですが

ネイルを通じて

日本の伝統工芸品への興味を持っていただけたら嬉しいです。


【精彩】アートネイル4本以上

金額9,936円→8,446円(税抜)

時間2時間(目安)


LINE…tsumenuriya

MAIL…tsumenuriya@gmail.com

自爪を削らない札幌のネイルサロン爪塗屋

ノンサンディングベースジェルorピールオフジェル ◎爪塗屋は、カウンセリングを大切にしています。 ・爪の状態に合わせた施術、爪の長さのご提案 ・好みや、生活スタイルに合わせたデザイン ・肌の状態から似合うカラーを見つける ”ネイル”という心のサプリメントで 心を癒す・健康な爪を育てる お客様に優しいネイルサロンです

0コメント

  • 1000 / 1000